本日のインド弁当(61) ポークペパーフライ

こんにちは、Pocachinです。
本日のお弁当は「ポークペパーフライ」です。

こんな料理はインドには存在しないんだろうと思いますが、以前試作を重ねた妄想ビーフペパーフライでこの調理方法がすっかり気に入ってしまったため、今回は凍らせておいた豚細切れを活用してみました!

そういえば、インドレストランの豚肉料理というとポークビンダルーくらいしかみたことがないですよね。ヒンドゥーの方って牛肉はダメでも豚肉は問題ないはずなので結構不思議です。実際のところ、私が以前働いていたインド料理店のインド人シェフは豚肉が大好きでした。単に日本人にとっての羊肉みたいな感じ(←北海道は除きますが)で現地ではあんまり食べる習慣がないってことでしょうか?

ちなみに、肉類の好きな順は、羊>鶏>豚>牛なので、ビーフペパーフライよりもポークペパーフライのほうがおいしいのでは、と期待してたりします。

というわけで、期待の創作料理をいただきます!
…、
…、
おおお!ウマ!!辛!!
基本的にはお気に入りのビーフペパーフライと同じなので、当然おいしいです!

…うーん、でも、これに関しては豚より牛のほうがいいですね。豚だとどうも淡白すぎる感じがします。
単に好きなお肉を使えばいいってもんではないんですね。勉強になりました!

それにしても、この妄想ペパーフライはオリジナルながらなかなかの出来です!いつかお店でホンモノを食べてみたいですね。

よっしゃ!次はラム肉でもやってみようかなっと!!