本日のインド弁当(38) 牛肉の黒胡椒炒め

こんにちは、Pocachinです。
本日のお弁当は、中1日で再挑戦の「牛肉の黒胡椒炒め」です。

今ひとつ面白みに欠けていた一昨日の反省を活かし、今回はスパイスと塩が概ね2倍になっています!!その上で更に仕上げで黒胡椒を振り入れるという念の入れよう(←というかやり過ぎ)です。加えて、かなりな量のレモンもしぼってみました。

こういう炒め系カレーは、汁系カレーよりもスパイスを多めに使ってやったほうがパンチの効いたテイストに仕上がるんですよね。前回はこれを意識できていませんでした…。

ちなみに、今更ですが、このカレーはいわゆる「ビーフペッパーフライ」を想定しています。…とはいえ、残念ながら実物は見たことも食べたこともないので、「インド料理でペッパーってつくくらいだから、なんかもう黒胡椒がすごいことになってる炒めものでしょ」という想像と「黒胡椒炒めといえばレモンでしょ(←砂肝のお惣菜なんかでよくあるやつです…)」という思い込みをもとに、出来上がりのイメージは完全に妄想の産物です。

というわけで、妄想料理をいただきます!
…、
…、
おおお!いよっしゃあああ!!っていうか辛ー!!でもうまー!!
黒胡椒の強烈な刺激とレモンの爽やかな酸味!まだまだ調整の余地はありますが、狙ったテイストにかなり近づきました。
こんな感じのスパイスを中心にした調整なり工夫なりがほんとインド料理の楽しいところです。

あとは実物を探して食べてみたいところですね(←ぜんぜん違う食べものだったらどうしよう…)。