本日のインド弁当(36) 牛肉の黒胡椒炒め

こんにちは、Pocachinです。
本日のお弁当は「牛肉の黒胡椒炒め」です。

ヒンドゥー教の関係で基本的に牛肉を食べられないインドでも、ケララ州など一部の地域では牛肉を食べるそうです。私自身はこれまで牛肉を食べているインド人や牛肉料理を扱うインド料理店をみたことがありません。レストランで働いていた時も同僚のインド人スタッフは豚の生姜焼きや酢豚はバクバク食べていましたが、牛肉だけは食べられないと言っていました。
そんなわけで、牛肉を使ったインド料理は外では食べたことのないちょっとあこがれのメニューです。

今回は、牛肉の細切れ(←ケチりました)を大量のブラックペパーや諸々のスパイスで炒め、タマネギ・ピーマン等の野菜は湯通ししたものを終盤に加えてシャッキリめに仕上げてみました(←作った直後の話で、お弁当の時点ではもう完全にフニャフニャです…)。中華料理みたいな感じですね。

というわけで、いただきます。
…うーん、まあまあな感じです。美味しいには美味しいんですが、ブラックペパーを大量投入した割にパンチが足りません。どうもはじめの方に入れた後、長時間炒め過ぎたようです。
肉に風味をつけるための初期投入は必要だと思いますが、次回は最終盤での追加投入も検討した方が良さそうですね。そういえばカルボナーラスパゲティなんかも同じことをします。

よっしゃー!またすぐ作ろうっと!
(外で食べたことがないので、完成形はあくまで妄想ですが…)

「本日のインド弁当(36) 牛肉の黒胡椒炒め」への3件のフィードバック

コメントは受け付けていません。