とんかつ 瓢 (2)

こんにちは、Pocachinです。
今日は柏駅付近の「とんかつ 瓢」でカツカレーランチです。

愛してやまない、私の中のとんかつ店系カツカレーNo.1のお店です。
これまで数えきれないカツカレーを食べてきましたが、カレー店系No.1のココイチを除いて当店に対抗しうるカツカレーは今のところ見つかっていません。
今日は13時過ぎ頃にお伺いしましたが、一組お待ちの方がいらっしゃり、入店後も概ね満席状態が続いていました。繁盛してるんですね〜。いちファンとしてうれしい限りです!

さて、オーダーはいつも同じで、メンチカツとカタロースカツカレーです。数量限定なので、売り切れてたらどうしようとハラハラでした。
(実は昨日「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」で「かたロースカツカレー」を食べたのは、東京一との声もある同店と当店のカタロースカツカレーを比べてみたいとの意図があってのことでした…)


メンチカツ、単品キャベツ追加


カタロースカツカレー(ライス少なめ、ルー増量)

メンチカツは、サクサクの衣が本当に針のようです!お箸で着ると肉汁がジュワッと滲みでるので、それをとんかつソースと共に再度メンチカツに染み込ませつついただきます。
ほんともう最高のメンチカツです。粗挽き肉の食感とジューシーな肉汁、サクサクの衣が相まって、うっぎゃーなおいしさですよ!!

カタロースカツカレーもいつもどおり最高の満足度でした。
あくまで個人的な好みの問題ですが、カタロースは「とんかつ檍のカレー屋いっぺこっぺ」のものに比べて脂身が抑えられており、その分お肉のしっかりとした食感が楽しめます。また、量も多すぎず少なすぎずで名残惜しい段階で食べ終われてしまいます(←悲しいですが…)。
この後カレーに移行するわけですが、ライスの上に残った衣の残骸がまたおいしいんですよね。トンカツとカレーライスを別に食べるにしても、しっかりとカツカレーとしての仕事を果たしてくれているわけです。

カレーの方は、少し辛口かつ塩味の効いたルーで、甘みはあまりない方だと思います。このシャープなテイストのおかげで、トンカツで体が脂っこくなった後でもスルスルと食べ進められます!よく煮込まれたお肉もゴロゴロと入っており、カレー専門店にも劣らない満足感でした!

いやいや、やはり最高でした。不動のNo.1でした!
また来ます!ごちそうさまでした!!

—-
とんかつ 瓢
千葉県柏市旭町2-2-2 第一松崎ビル 1F
tel:-